RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

鉛含有の塗料を対応させる0



鉛含有塗料という言い方で塗料を区別しました。それは全ての塗料に対して鉛が含有している訳ではないからです。

もちろん、鉛などの規制物質が入っていない塗料はRoHS指令対応の必要はありませんから。

塗料のRoHS指令に対する対応は、簡単であり、とても難しいです。塗料自体が実際にRoHS指令に対応しているかどうかは、見てもわかりません。信用のおける取引先であれば、問い合わせを行い、証明してもらう事が一番です。

しかし、確実とはいえない企業であれば、新しい取引先にこの機会に変える必要がでてきます。話は少しそれたようにみえますが、RoHS指令方法は「取引先に問い合わせる」。支障がなければ、「対応品を購入する」。

塗料に関しては、これが一番の近道となります。そこまで、高い副資材には当たらないと思いますので、問題ないと思います。

そして、予備知識として危なそうな(鉛が含有していそうな)色をお教えします。それは、濃い色です。真っ赤、黄、緑。など強い色の部分には気をつけてください。
 
私の経験では、赤色と橙色で鉛が閾値を超えたことがあります。怪しい色は定性分析(蛍光X線分析)、又は定量分析で調べるか、対応品を購入してください。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress