RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

真鍮(C3604)を対応させる0



真鍮(C3604)を対応する事は多くの製造業で重要な事となっていきます。

それはRoHS指令対応で、製造業としては一番に問題に上がってくるだろう金属材料が真鍮(C3604)だからです。
それでは「真鍮(しんちゅう)」C3604について説明します。
 

真鍮は何が問題であるかという事ですが、分析値を見てみると鉛とカドミが閾値を超えていきます。
鉛に関しては適用除外に該当するために、問題はありません。
 
【RoHS指令適用除外】:合金成分として銅材に含まれる4%までの鉛は除外。
 
 
真鍮(C3604)は、カドミが問題となってくる事になります。
しかし、多くの皆様が問題にしている材料というのは、誰かが対応してくれるものです。
「カドミレス真鍮」がすでに多く販売されています。それを利用して万事解決です。


ただ、これで安心という事ではありません。
特殊な材料になる為に、コストアップに繋がってしまうからです。
特殊材料を安くということ自体が通常では無理な話になります。
切削性や非磁性を理由に、真鍮を選択されてきている企業は
他の材料にするのか、選択を迫られます。
 
コストによる課題に問題がなければ、カドミレス真鍮への
一発変更で問題はありません。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress