RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

ベリリウム銅について0



ベリリウム銅とRoHS指令の関係について取り上げていきます。

理由は、私の会社で少し問題となったからです。
同じように問題となった企業もあると思います。
問題の理由は、この材料自体の環境適応性です。
環境適応に対しての活動をされている方は
ご存知かと思います。実はこの材質、毒性をもつ物質なんです。
  
ベリリウム銅は、ガンや肺の機能を妨げる
慢性ベリリウム症(CBD)を引き起こすきっかけを
もった危険な物質であり、規制の対象となるべき物質です。
しかし、ベリリウムは軽量性と鉄の6倍の強度を併せ持っており、とても使いやすい性質をもった物質です。
  
ベリリウム銅においての私の会社の問題は、
今後とも継続して使うべきか、即座に変更すべきかという点です。

ただ、話し合わなくても答えは決まっています。
これは変更すべきです。使うべき物質ではないのです。
しかし、スペーサーやバネ座金などの小物部品、
そして使用している部品がかなり多くあります。

それが悩ませる理由となるのです。
  
ベリリウム銅ですが、RoHS指令には平成18年8月現在においては
対応しているようです。
ひとまずは良かったというところですが、
JGPSSIでは調査の対象材料にこの物質は入っています。

今後は多くの点で規制のかかると思われる物質ですので、
社内において使用を規制すべき物質です。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress