RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

鉛とカドミウムの化合物処理について0



鉛とカドミウムの化合物処理は、大きな問題であるといえます。

それは、RoHS指令におけるものではなく、水道業界いおいても自動車業界等においても、鉛の問題は強くあげられています。
それだけ、人体への影響が大きいといえるのではないでしょうか。
鉛に関しては、極少量でも人体への慢性的な影響が懸念されています。


化合物の処理ですが、電池などはリサイクルが強く行われています。
環境配慮の取り組みとして行われているのですが、

その他にも処理には気を使わなければいけない部材が多くあります。
化合物を処理する場合は、信頼のおける中間処理業者に委託し、
正しく処理をしてもらえるようにしましょう。


鉛とカドミウムの化合物処理を行う場合は、専門業者とよく相談をし、
適切な形の設備を整える必要がありますのでご注意ください。

鉛もカドミウムも特に問題とされる化学物質です。
カドミウムに関しては、少量でも非常に毒性の高い物質です。
世の中には、カドミウムに関して、存在も知らない方がまだまだ見えます。
そのような方へも、危険性や毒性などが伝えられたらと思います。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress