RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

RoHS指令の加工屋の対応0



RoHS指令の加工屋の対応としては、
一般的には関係書類を集める作業が主のようです。
関係書類とは、部材や材料の適応に関する証明書、保証書がそれにあたり、エビデンスとなる書類になります。

金属加工を行う企業を例にすると、材料メーカーから対応の旨を示す
資料を取り寄せる事となります。
さらに、表面処理や塗料を使う場合は、その取引先に問合せ資料をもらいます。

ここで注意をする事は、製造工程の中で含有する危険性がある場合は
それに対して確認をしっかりと取っておく事です。
心配であれば、定量検査を行う事も良いでしょう。


RoHS指令の対応として、
企業間での保証の取り交しを行う所があります。

その際は、社印の入った保証書を提出する事になると思いますので、
もし後に含有が発見された時は、補償問題に発展する事もありえます。
気を付けなければいけません。
この書類などは、メーカーごとで書式が違っていたりし、
対応に苦労する事もあるようです。

加工を行う部品メーカーの場合、行政のセミナーに行くと
とても勉強になります。私は幾度となくセミナーに参加しましたが、
多くの講師が部品メーカーの対応方法を主題として
セミナーを行いますし、その後に個別質問を直接行うと、
部品メーカーでの相談に強さを持っている印象を受けました。

メーカーの方が質問をし、
「それについては対応方法はわかりません。」と
応えられた方がいました。
それほど、メーカーの対応方法は確立されていないのかもしれません。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress