RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

カドミウム中毒とその毒性0



カドミウム中毒とは、イタイイタイ病が一番クローズアップされる病です。

症状としては、
?高血圧、
?骨軟化症、
?肝臓障害などが主です。

原因は、カドミウムイオンが酸素内の物質と相互作用し、酸素の働きが
阻害される事で引き起こされるようです。


カドミウム毒性に対して、肝臓障害における対処法も少しずつ
分かるようになっています。

亜鉛を投与すると症状が緩和されるという事が現在では言われています。
カドミウム毒性に関しては、病の問題の大きさを見ても分かるとおり、
とても強く危険な物です。

全てが注意して対処できる問題でもないのでしょうが、意識を高めて、
社会からの全廃を勧める事ができれば、このような問題もなくなることでしょう。

これからの社会において、環境問題への対応がとても重要で
あることはいうまでも無いのでしょうが、
多くの化学物質が対応に苦慮している中でも、
被害に苦しむ方が多く見えるということを忘れてはいけないと思います。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress