RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

RoHS指令対象の分析方法0



RoHS指令での分析は、
対応作業をしていれば必ず行う事になります。

アロケーションの整備が行われていない企業では、特に行う事になります。
それは、対応を行う中で対応作業に対応しきれない企業が多く、
さらに独自の材料を使用している企業があるためです。


RoHS指令への取り組み自体が、利益を生む取り組みではなく、
欧州へ製品を販売する為であり、環境保全の取り組みを行う事を
目的としています。
そのために、資金面や人員面で対応の苦慮したり、
企業間の力関係によっても、無理をいえない立場であれば、自社での
調査を行う事があります。
中小企業は少ない人数で生産、販売サポートを
行っている企業が多く、このような場合もメーカー側でサポートする
必要性が発生する事があります。

そして、その作業は成分分析を行う事になるのです。


社会全体で環境保全の取り組みを、無駄と考えずに投資と考え
活動できると良いですね。
分析としては、定量分析と定性分析の2種類が一般的にありますが、
得られる結果が全く違います。用途が違います。
さらに費用的にも違ってきます。

必要な分析を必要なだけ、行えるようにしっかりと知識をつけましょう。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress