RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

カドミウム汚染状況と調査0



カドミウム汚染状況としては、一番被害が大きいのが富山県神通皮流域です。

非常に大きな被害を招いており、日本の主なカドミウム汚染地域の場所となっています。


カドミウム汚染の程度を示す尿中カドミウム陽性(10μg/Cr以上)者率などをみていきましょう。
汚染にかんする被害の対象者は、男性が3432人、女性が4099人となっています。
数字だけみても非常に多い人数が被害にあわせています。

さらに1000名まで達する地域はほとんどありませんでしたので、
この地域に甚大な被害が出た事がわかると思います。



調査の実態を語る中で、とくかく外せないのがイタイイタイ病です。
カドミウム自体は腎障害を引き起こす事で良く知られており、
汚染地域で多数の腎障害をもった人々が認められます。

腎炎などの様な糸球体障害ではなく、実は尿細管障害であることが
大きな特徴なんです。
その他の汚染状況は、群馬県、石川県、兵庫県、秋田県、長崎県と続きます。


カドミウム調査は現在でも勧められています。
これからもカドミウムについては、非常に大きな問題として
クローズアップされて行くことでしょう。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress