RoHS指令をやさしく解説

RoHS指令をやさしく解説
RoHS指令を分析調査し解説。「鉛・カドミウム・水銀・六価クロム」EU環境問題の対策サイト。

鉛レスと鉛規制について0



鉛規制は、多くの業界で問題とされています。

代表的なところでは、もちろんRoHS指令やELV指令などの
EU指令です。
鉛の閾値が設定されて、それに対する対応を迫られています。

そして、さらに水栓業界にもこの鉛規制は及んでいます。
それは、水栓業界が鉛に対してとても重要な問題を抱えている業界であるのです。
それは水栓内部の鉛は水に溶け出し、体内へと入るためです。


規制内容としては、平成15年4月1日より、さらに強化され、0.01 mg/Lまでと浸出基準が設けられています。
検査機関の要求により400ml以上の総容量を持った製品を持ち込み含有量調査を行う事を、頻繁に行っていたという話を聞いたことがあります。

黄銅や青銅などを本体部に使用する事が多いため、とくに問題視されるのでしょう。



このように多くの業界で鉛の規制が発令され、鉛レスの対応を多くの業界で行われています。
鉛レスの対応は現在ではかなりの材料により行われていますが、
まだ不十分なところもあります。これからの対応に期待したい所です。

RoHS指令 / 適用除外 / 今後の展開 / メーカー対応 / 商社対応 / 加工屋対応 / 変更例 / 他のEU指令 / 分析 / RoHS指令用語集 / 環境コラム

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入り追加


Add to Google
管理人
mail:info■rohs-shirei.com
(■を@に変えてください。)
情報提供、感想、相互リンク依頼などのご連絡にご使用ください。



WordPress